*
ブラックリストの資金調達方法

ブラックリストでも携帯決済現金化なら資金調達できる

投稿日:

お金を工面する方法として真っ先に思い浮かぶのが消費者金融から借り入れやクレジットカードのキャッシングではないでしょうか?

確かにお金を借りることができればもっとも手軽な資金調達方法といえるでしょう。

手元に現金がなくお金が必要になったらキャッシングする方は少なくありません。

しかし誰もがキャッシングを利用することができるわけではなく、お金を借りるためにはクレジットカード会社や消費者金融の審査を通過する必要があるのです。

個人が資金調達をする上でこの「審査」というのは非常に大きなポイントとなっています。

2010年6月に施行された改正貸金業法による総量規制によって金融会社から借り入れをするための規制が厳しくなりました。

  • 借り入れ総額の上限が年収の3分の1まで
  • 50万円以上の融資には収入証明が必要

そのためこれまでよりも審査が厳しくなり、金融会社に行けばすぐにお金を借りることができるわけではないのです。

今まで消費者金融を利用したことがない方にとって審査は分岐点となりますが、お金を借りることができない理由はそれだけではありません。

これまでキャッシングを利用し支払いが遅延したり、未払いの状態が続いている方はもうお金を借りることはできなくなります。

この過去の債務履歴で事故を起こしている方を通称「ブラックリスト」と呼ばれ当分の間、消費者金融やクレジットカード発行の審査は通りません。

ブラックリストの方は社会的な信用がないためお金を借りることができませんが、資金調達する方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

お金の借りることができないブラックリストとは?

信用のないブラックリスト

ブラックリストになるまでの経緯

子供の頃、親に「借りたものは返すのが常識」と教えられた方は少なくないでしょう。

今、考えるとなぜこのような当たり前のことを教えられたのか不思議に感じますが、その答えは簡単なものでした。

借りたものを返さない人がいるからです。

つまり親は「借りたものはきちんと返す真っ当な大人に育って欲しい」という願いからそう教えているのではないでしょうか。

やがて子供は青年になり大人となります。

大人になれば趣味嗜好の幅は広がりギャンブルや飲み会などの「大人の遊び」も覚えるでしょう。

大人の遊びはこれまでにないくらい楽しい反面、決して安い遊びではありません。

そして「お金を借りてでも遊びたい」という衝動に駆られることになるのです。

消費者金融、クレジットカードのキャッシング、その結果、借金が膨らみ返済が遅れるようになり「借りたものを返すことができない」状況に陥ってしまいます。

もちろんこれだけではありませんが、返済が滞ってしまい未払いが続くことによってブラックリストになってしまうのです。

銀行や信販会社などで借り入れ情報は共有している

よく広告などで「審査の通りやすいクレジットカード!」などとありますが、ブラックリストになればクレジットカードが発行されることはありません。

ではこのブラックリストとはどのようなものなのでしょうか?

消費者金融からお金を借りる際には現在の他社からの借り入れ状況を問われることになります。

これは利用者が本当のことを伝えるか、ウソをついてごまかすか判断するためです。

なぜなら金融会社は利用者の借り入れ状況を把握しています。

現在の日本の信用情報機関は

  • JICC 日本信用情報機構
  • CIC 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関

というふたつの機関があり、個人の債務状況を金融会社、銀行、信販会社などで共有しているのです。

そのため借り入れの申し込みで「他社からは借りていない」とウソをいってもすぐにバレてしまいます。

ブラックリストはこの信用情報機関で過去の債務履歴で遅延や未払いといった事故があり、信用のない人間のことを指すのです。

ブラックリストでも携帯電話の契約は別

携帯電話の契約

ブラックになればクレジットカードを作れず消費者金融からもお金を借りることはできません。

同じように支払いを滞ってしまい続けると利用できなくなるものが携帯電話の契約です。

まだiモードのブラウザでインターネットを接続していた時代にはパケット通信代がかさみ数万円の携帯料金が請求されることも少なくありませんでした。

特に若い世代は高額の料金を支払うことができないため支払いができなくなり利用停止となってしまうのです。

そのため当時は「お客様のご都合によりおつなぎできなくなっております」というアナウンスが流れることもよくありました。

この携帯電話の料金も未払いのまま強制解約となってしまえば、他の携帯キャリアでも契約ができなくなる状態になり「携帯ブラック」となるのです。

携帯ブラックの金融ブラックと同じように携帯キャリア同士で支払い情報を共有しています。

ただ携帯キャリアの情報機関と金融の信用情報機関は異なる存在であるため

  • 金融ブラックでも携帯電話の契約は可能
  • 携帯ブラックでもクレジットカードは作れる

となるのです。

最近では携帯電話の購入を分割で支払いができるようになりました。

携帯電話の最新機種ですと10万円近くする高額のものもあります。

これを多くの方が購入できるように2年間の分割で携帯料金に合算して支払うことができるようになったのです。

実はこの携帯本体の分割払いは携帯料金として支払いますが分割での購入となるためローンと変わりません。

したがって携帯代の分割払いが未払いになってしまうと金融ブラックに陥ってしまうのです。

さらに金融ブラックの方は携帯電話の契約はできますが、携帯本体の分割購入の審査には通りません。

金融ブラックでも利用できる資金調達方法とは?

金融ブラックの資金調達

世の中には大富豪もいれば貧しい暮らしをしている人もいます。

そのためいつの時代にも貧困層は存在しており、ブラックリストの方は意外と多く存在しているのです。

ただ今の時代には携帯料金を支払わない人はまずいないでしょう。

なぜならスマホが生活するために重要な役割を担っているからです。

貧困層の方は基本的にお金がありません。

そしてクレジットカードを持てないブラックリストの方も多数存在します。

こういった方がお金を工面する方法というのは存在するのでしょうか?

ブラックリストなのでお金を借りることもクレジットカード現金化もできません。

クレジットカード現金化
Amazonギフト券の換金とクレジットカードのショッピング枠現金化の相違点

いつの時代にもお金を必要としている人はおり、そのニーズに応えるべくさまざまな資金調達をするための方法が存在しています。 お金を工面するための手段としてもっともポピュラーなものはお金を借りることではない ...

続きを見る

ただひとつ可能な資金調達方法が携帯キャリア決済の現金化なのです。

ブラックリストでも収入がなくても携帯キャリア決済の現金化は利用することが可能であり手軽に資金調達することができます。

ただ大手キャリアとの契約が必要となるため携帯電話を所持していない方は現金化することはできません

最近では高齢者でも小学生でもスマートフォンを操作している光景を目にすることがあります。

高齢者になると金融ブラックではなくてもお金を借りることは難しいでしょう。

そんな年金暮らしの高齢者でも携帯決済の現金化ならすぐにお金を工面することができるのです。

携帯キャリア決済現金化
携帯電話のキャリア決済現金化サービスとは?

今も昔もお金を工面するための金策方法というのは低収入の貧困層から多くのニーズがあります。 近年ではインターネットが幅広く浸透し、パソコンがスマートフォンひとつで簡単にインターネットに接続できる時代とな ...

続きを見る




スポンサーリンク




スポンサーリンク

アマゾンギフト券買取率比較ランキング

【買取ボブ】創業11年、安心・安全な老舗買取業者

あま探が選ぶアマゾンギフト券買取サイトでもっとも高い評価となるのが業界最大の利用者数を誇る老舗買取業者の買取ボブです。

様々な比較ランキングサイトでも買取ボブは上位にランクインしており、誰もが認める人気優良店といえるでしょう。

初めてのアマゾンギフト券換金で「どこに申し込んだらよいのかわからない」という方ならまず買取ボブなら間違いありません。

【買取本舗】カンタンにお申し込みから即換金

アマゾンギフト券の買取だけに限らずiTunesカードやGooglePlayといった電子ギフトの換金もできる買取本舗。

ドコよりもカンタンな申し込みフォームでのスピード買取が人気です。

優良店にとって当たり前のことですが、銀行振込手数料無料で24時間営業はもう必須項目といえるでしょう。

 

【ギフトグレース】新規のご利用なら翌日プランで94%の高価買取が魅力的!

「アマゾンギフト券を少しでも高く換金したい!」と思うのは当然のことでしょう。

ギフトグレースは新規ご利用のお客様限定でアマゾンギフト券の換金なら94%という業界最高クラスの買取率で換金することができます。

さらに業界最速となる10分以内で買取代金が送金されるという注目の買取業者です。

-携帯電話キャリア決済の現金化
-, , , ,

Copyright© Amazonギフト券買取・換金ならあま探 , 2017 AllRights Reserved.