*
ギフトマッチ

CtoCによるアマゾンギフト券を個人間売買する取引サイト

投稿日:

お金と商品券では有用性が高いのは圧倒的に「お金」ということは間違いありません。

そのためお金>商品券といった形となり、額面よりも安い金額で金券ショップで売買されているのです。

では金券ショップで販売されている格安の商品券を購入する方というのはどのような方なのかといいますと、商品券で買い物をする方となります。

金券ショップでは額面よりも安い価格で購入することができますが使用する際には額面分の買い物ができるため実質的に割安で買い物ができることになるのです。

つまり商品券を頻繁に利用される方であればお金を格安で購入しているのと変わりません。

アマゾンギフト券はスマホひとつあれば手軽に買い物ができる総合オンラインストアとして人気のサイトです。

そんなAmazonで買い物ができるアマゾンギフト券であれば頻繁に買い物をしている方も多く一般的な商品券よりも多くの需要があることは間違いありません。

しかしながらこの需要に応えるアマゾンギフト券の格安販売サイトというのはないに等しいことをご存知でしょうか。

そしてほとんどの金券ショップでもアマゾンギフト券を取り扱っていないため、格安で購入できるアマゾンギフト券というのはないように感じられます。

と思いきや、ここ数年で急成長しているのが格安販売専門サイトではなくアマゾンギフト券を買いたい人と売りたい人を結ぶCtoCによる個人間売買サイトなのです。

スポンサーリンク

アマゾンギフト券の売買取引が行われているマーケットの仕組み

フリーマケット

一般的なビール券や商品券などの金券類は金券ショップで買取・販売されていますが、アマゾンギフト券を取り扱っている金券ショップはほとんどありません。

金券ショップがアマゾンギフト券の売買を行わない理由のひとつに一般的な金券類とは異なる性質があるからです。

ビール券や商品券には物質的な「券」としての存在があり、券と引き換えに商品を購入することができますが、アマゾンギフト券には「券」としての存在がありません。

アマゾンギフト券にはギフト番号と呼ばれる14文字程度の英数字の羅列に商品券としての価値があります。

金券ショップは物質的な存在のある金券類の売買は行いますが、アマゾンギフト券のようなデジタルギフトは買取りが不可能なのです。

そんなアマゾンギフト券が売買されているマーケットがあることはご存知でしょうか?

アマゾンギフト券の販売はAmazonが承認しているPINCOMなどの正規販売サイトしかありません。

PINCOMでの携帯キャリア決済
PINCOMでの携帯電話のキャリア決済でAmazonギフト券を購入する方法

最近では格安スマホや格安simといったこれまでの携帯電話料金よりも格安で利用できるサービスが普及しつつありますが、それでも大手キャリアを利用し続けている方は少なくありません。 大手キャリアの提供してい ...

続きを見る

つまりアマゾンギフト券の売買取引サイトというのは中古ギフト券の売買市場といえるでしょう。

一般的な中古品の売買が個人間で取引されるのは「フリーマーケット」です。

したがってアマゾンギフト券の個人間売買というのはフリーマケットのような仕組みとなります。

  • アマゾンギフト券を換金したい人
  • アマゾンギフト券を安く買いたい人

がアマゾンギフト券の売買マーケットでつながり取引しているのです。

最近ではフリーマーケットをオンラインで取引できるフリマサイトやフリマアプリが若い世代を中心に流行しています。

オンラインでのフリーマケットでは購入された商品を配送する必要がありますが、ギフト番号で取引が可能なアマゾンギフト券の場合、購入者にギフト番号を伝えるだけで配送費用もかからず即座に取引が完結します。

ではアマゾンギフト券の売買マーケットの流れを見ていきましょう。

売買サイトでのアマゾンギフト券が出品・購入する手順

アマゾンギフト券の売買取引

売買サイトでのアマゾンギフト券購入

 

「アマゾンギフト券を安く買いたい」と思っている方は少なくないでしょう。

なぜならアマゾンギフト券はAmazonで販売されている商品を購入する際に支払うことができる利用価値の高い商品券だからです。

そんなアマゾンギフト券が額面よりも安く買えるとしたら、Amazonでの買い物安くなる裏ワザといっても過言ではありません。

ではこの格安で購入できるアマゾンギフト券を買う手順を解説します。

売買サイトのアカウント作成

格安で販売されているアマゾンギフト券を買うためにはまず売買サイトのアカウントを作成する必要があります。

新規会員登録で記載する内容は

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード

といった項目を入力するだけで簡単に作成できます。

銀行振込によるアカウントに入金

ネットオークションで落札した場合には、落札後に支払いを行いますがアマゾンギフト券の売買サイトでは先にアカウントに入金してからの購入となります。

アカウントへの入金方法は基本的に売買サイト運営会社の銀行口座への振込となり振込手数料はユーザー負担となるのです。

したがって頻繁に格安のアマゾンギフト券を購入される方はまとまった金額を入金しておくとよいでしょう。

出品されているアマゾンギフト券の購入

アカウントに入金し反映されますとすぐにアマゾンギフト券を購入することができます。

販売されいるアマゾンギフト券の詳細内容は

  • ギフト券の額面
  • 販売価格
  • 有効期限
  • 過去の出品履歴

といったシンプルなものです。

売買サイトでアマゾンギフト券を購入しますと、ギフト番号が確実に使用可能なものか判断する時間が設けられています。

時間内に問題がなければ取引成立ですが、

  • 金額の相違
  • 登録済みのギフト券
  • 誤ったギフト番号

だった場合にはエラー報告することが可能です。

売買サイトでのアマゾンギフト券販売

アマゾンギフト券の売買市場ではまず「アマゾンギフト券を換金したい」というユーザーがいなければ始まりません。

なぜなら売る人がいなければ買うことはできないからです。

アマゾンギフト券は大変便利な商品券ですがそれを換金したい人がいるのかといいますと、意外とニーズは少なくありません。

確かに利用価値の高いギフト券ですがお金に敵うことはないのです。

では売買サイトでアマゾンギフト券を売る流れを解説していきます。

売買サイトのアカウント作成

アマゾンギフト券の購入と同様、売買サイトを利用するためにはアカウントが必要です。

ただ購入と販売では内容が異なっており、

  • 銀行口座の登録
  • 身分証明書による本人確認

といった手続きを行わなければなりません。

これは金券ショップで商品券を購入する際にはお金を支払うだけですが、商品券を換金する際には身分証明書の提示を求められるのと同じです。

アマゾンギフト券を出品

新規会員登録が完了しましたらアマゾンギフト券を出品します。

出品の際に注意する点は現在出品されているギフト券の相場価格です。

たとえば手元にあるアマゾンギフト券の額面の95%で売りたいとします。

売買されている相場が92%前後であれば当分の間は売れることはないでしょう。

しかし換金しすぐにお金が必要という方であれば92%未満で出品すればすぐに購入され現金化することができるのです。

販売額の出金申請

ギフト券が購入されますと指定した銀行口座に出金することが可能です。

出金申請をする際には販売額から振込手数料が差し引かれた全額が振り込みされます。

振込までにかかる所要時間は早いサイトであれば5分程度ですが数時間かかることもあります。

売買サイトでアマゾンギフト券を売買するリスク

アマゾンギフト券売買のリスク

アマゾンギフト券を格安購入ができ高く売ることができる売買サイトは非常に利便性の高いサービスといえるでしょう。

しかし必ずしも安全に利用することができるわけではなくリスクが潜んでいるのです。

詐欺によって騙し取られたアマゾンギフト券の混入

アマゾンギフト券は利用価値の高いギフト券として多くの企業でもキャンペーンの特典や賞品として利用されています。

しかしアマゾンギフト券の特性を利用し悪用されることも少なくありません。

実はアマゾンギフト券はギフト番号で構成されるためメールでの送受信が可能という点に加え、匿名性の高い金券類なのです。

最近ではアダルトサイトなどの架空請求詐欺でアマゾンギフト券が騙し取られる事件が多発していることをご存知でしょうか?

これまで詐欺といえばお金を銀行口座に振り込ませるのが常套手段でしたが、コンビニで購入したアマゾンギフト券を送らせる詐欺の手口が増加傾向にあります。

なぜ詐欺グループは現金ではなくアマゾンギフト券を詐取するのかといいますと、ネットオークションや売買サイトで簡単に現金化することができるからです。

つまり売買サイトには詐欺グループによって詐取されたアマゾンギフト券が出品されている可能性があります。

アマゾンギフト券の売買サイトでは販売者の詳細情報は明確ではなく、過去の履歴程度しかわかりません。

そのため詐欺グループが被害者から騙し取ったギフト券を購入してしまうこともあるのです。

Amazonが未承認の売買取引

アマゾンギフト券を買いたい人と売りたい人の需要があることは間違いありませんが、Amazonはギフト券の売買を認めてはいません。

そもそもアマゾンギフト券はプレゼントなどで贈るためのギフト券です。

あげることに関しては問題ありませんが金品と引き換えに譲渡すことは再販することを細則で禁止しています。

つまりアマゾンギフト券の売買サイトが提供しているサービス自体が禁止行為なのです。

現段階ではAmazonは注意喚起するだけに留まっていますが、もし売買された事実が発覚した場合には

  • Amazonのアカウント剥奪
  • アマゾンギフト券の無効及び凍結
  • ギフト券残高の没収

といった厳格な措置が下されるリスクがあるのです。

なお売買サイトで購入したギフト券がロックされてしまった場合にはAmazonのカスタマーサポートに連絡しても対処してくれることはありません。




スポンサーリンク




スポンサーリンク

アマゾンギフト券買取率比較ランキング

【買取ボブ】創業11年、安心・安全な老舗買取業者

あま探が選ぶアマゾンギフト券買取サイトでもっとも高い評価となるのが業界最大の利用者数を誇る老舗買取業者の買取ボブです。

様々な比較ランキングサイトでも買取ボブは上位にランクインしており、誰もが認める人気優良店といえるでしょう。

初めてのアマゾンギフト券換金で「どこに申し込んだらよいのかわからない」という方ならまず買取ボブなら間違いありません。

【買取本舗】カンタンにお申し込みから即換金

アマゾンギフト券の買取だけに限らずiTunesカードやGooglePlayといった電子ギフトの換金もできる買取本舗。

ドコよりもカンタンな申し込みフォームでのスピード買取が人気です。

優良店にとって当たり前のことですが、銀行振込手数料無料で24時間営業はもう必須項目といえるでしょう。

 

【ギフトグレース】新規のご利用なら翌日プランで94%の高価買取が魅力的!

「アマゾンギフト券を少しでも高く換金したい!」と思うのは当然のことでしょう。

ギフトグレースは新規ご利用のお客様限定でアマゾンギフト券の換金なら94%という業界最高クラスの買取率で換金することができます。

さらに業界最速となる10分以内で買取代金が送金されるという注目の買取業者です。

-あま探ヘッドライン
-, , ,

Copyright© Amazonギフト券買取・換金ならあま探 , 2017 AllRights Reserved.