*

WebMoney PINCOMによる換金・転売防止のために購入が制限される

更新日:

何年か前までは街中に「カードでお金」や「ショッピング枠を即日換金」といった看板がありました。

これはいわゆるクレジットカードのショッピング枠現金化の広告ということはご存知かと思います。

このクレジットカード現金化はクレジットカード所有者でなければ利用することはできません。

しかしクレジットカードがない方でも現金化することができる方法として携帯電話のキャリア決済現金化が急成長しているのです。

そのためクレジットカード現金化がカードでお金なのに対しキャリア決済の現金化はスマホでお金といったところでしょうか?

クレジットカードがなくてもスマートフォンひとつでお金を工面することができる資金調達方法として注目されています。

この携帯キャリア決済の現金化に必要不可欠なのがWebMoney PINCOMという電子マネー販売サイトです。

WebMoney PINCOMでキャリア決済によって購入したアマゾンギフト券を転売・換金するのがキャリア決済の現金化なのですが、ついに現金化目的でのアマゾンギフト券購入に防止対策が施されました。

ではこのWebMoney PINCOMによる制限について解説していきます。

換金・転売防止のために購入が制限されるようになった理由

換金転売防止

金券ショップで不要なビール券や商品券を持って行き換金するのはよくある話しではないでしょうか。

デパートの商品券などは換金・転売しても特に問題はありません。

そのため金券ショップで買取・販売されています。

しかしAmazonギフト券は一般的な商品券とは同じではありません。

アマゾンギフト券には細則という利用規約のようなものがあり、その文中にはギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで使用することはできませんと明確に記載されているのです。

したがってアマゾンギフト券を売ることも買い取ることもギフト券が無効となる可能性がありアカウントが削除されることもあることになります。

これはAmazonで販売されているギフト券だけに限られるわけではありません。

キャリア決済でアマゾンギフト券を購入できるPINCOMでもビットキャッシュで購入したアマゾンギフト券に関しても売買は認められていないのです。

ただ「ダメ!」といわれたからといってアマゾンギフト券の換金は行われ続けるでしょう。

現在、首都高速の制限速度は時速60kmとなっています。

この時速60kmの制限を遵守して首都高を走っている車はまずありません。

つまり60km以上で走っている車は道路交通法違反となります。

これと同じでアマゾンギフト券の転売はダメなのはわかっていても現金化する理由があるのです。

たとえ利用規約などで禁止されていても現金化しお金を工面したいという思いが強くあるため利用者はいなくなることはないでしょう。

ではこの現金化目的での購入を防止するための対策とはどのようなものなのでしょうか?

メールアドレスドメイン制限によって「捨てアド」による不正利用防止

メールアドレスドメイン制限

PINCOMでキャリア決済を使用してアマゾンギフト券を購入する際には必ずメールアドレスを入力する必要があります。

PINCOMでの携帯キャリア決済
PINCOMでの携帯電話のキャリア決済でAmazonギフト券を購入する方法

最近では格安スマホや格安simといったこれまでの携帯電話料金よりも格安で利用できるサービスが普及しつつありますが、それでも大手キャリアを利用し続けている方は少なくありません。 大手キャリアの提供してい ...

続きを見る

これまでキャリア決済で購入する際に入力するメールアドレスはどんなドメインのアドレスでも購入することはできました。

しかし2017年2月よりキャリア決済による電子マネー購入に使用できるメールアドレスドメインが制限されるようになったのです。

ではどのドメインのメールアドレスであれば購入が可能なのかといいますと、

  • docomo.ne.jp
  • ezweb.ne.jp
  • softbank.ne.jp
  • i.softbank.jp
  • gmail.com

にだけに制限されたのです。

現在ではPINCOMで購入する際には決済方法を選択すると自動的にキャリアかgmailのドメインを選択することになっておりその他のドメインを入力することはできなくなっています。

つまり各キャリアによるメールアドレスとgmailだけしか使用することができません。

これは「捨てアド」と呼ばれるフリーアドレスでの購入で不正利用が多発していたことからそれを防止するための制限といえるでしょう。

キャリア決済の利用者はキャリアとの契約が条件となるためキャリアのドメインのメールアドレスを使用することは問題ありません。

さらにgmailのアドレスはスマートフォンがあれば意外と簡単に作成することができますのでこのメールアドレスの制限によって受ける影響というのはほとんどないでしょう。

メールアドレス与信によって購入金額の制限

メールアドレス与信による金額の制限

携帯キャリア決済現金化利用者のほとんどが使用可能なキャリア決済枠のほぼ全部を毎月現金化しています。

この携帯キャリア決済の利用枠はキャリアと契約を開始した時点では1万円しか利用できませんが年月を経過していくごとに増加し最大で10万円まで利用できるようになるのです。

ある程度の年数を継続していれば特に申請等行わなくても5万円まで使用できるようになるためキャリア決済現金化のヘビーユーザーは毎月5万円分の利用枠を現金化していることになります。

このようなヘビーユーザーの一部に大きな影響を及ぼすのがこの「メールアドレス与信」なのです。

ではこの2017年3月から実施されたメールアドレス与信というのはどのような制限なのかといいますと、キャリア決済の利用枠とは別にPINCOMでの購入金額がメールアドレスによって上限が設けられました。

具体的にはPINCOMが開始した2014年7月までの購入履歴を遡り、利用した月数によってランク分けされるようになったのです。

PINCOMで初めて使用するメールアドレスでは1万円までしか購入することはできません

毎月PINCOMを利用することによって4ヶ月目にランクが上がり3万円まで上限が増えます。

そしてキャリア決済の上限枠となる10万円に達するのは15ヶ月PINCOMを利用しなければなりません。

ではどのようなユーザーが影響を受けるのかといいますと、さきほどのメールアドレスドメイン制限に該当しなかったYahooやホットメール等のフリーアドレスで購入していた方やこれからPINCOMを利用される方です。

つまりこれまで頻繁にPINCOMを利用していたヘビーユーザーであってもメールアドレスドメイン制限によって使用できなくなったアドレスで購入した場合、新規利用者と同じ1万円からのスタートとなります。

このシステムによって毎月キャリア決済の利用枠一杯まで現金化していた方は1万円からの購入となってしまうのです。

PINCOMによる制限に影響を受けない裏ワザ的購入方法

制限を受けない購入方法

PINCOMではアマゾンギフト券の細則や各キャリアの利用規約によって現金化目的による購入を阻止する動きは見られます。

しかしこの二つの制限や規制には実は影響を受けることなく購入する裏ワザ的な方法が残されていました。

というかPINCOM自体がユーザーの購入を完全に制限はしていないようにも感じます。

なぜならPINCOMはアマゾンギフト券などがユーザーに購入されることによって利益を得ており、それを制限するとなると必然的に売り上げが減少することに繋がるからです。

そのため表向きは「現金化目的での利用は禁止」としていますが、ユーザーに実質的な制限はかけないのでしょう。

ではメールアドレスドメイン制限とメールアドレス与信の影響を受けない裏ワザ的購入方法は一体どのようなものかといいますと、

複数のgmailのアカウントを取得し、各アカウントでキャリア決済でアマゾンギフト券の購入を行う方法です。

これはどういうことかといいますと、このメールアドレス与信は各メールアドレスでこれまで利用した履歴からランク付けしているものであり、メールアドレスとキャリアの名義は紐付けられているものではありません。

つまり

  1. キャリアのメールアドレス
  2. [email protected]
  3. [email protected]
  4. [email protected]
  5. [email protected]

というように複数のアカウントから1万円分のアマゾンギフト券を購入することによって結果的にキャリア決済の利用枠の限度まで使用することができるのです。

これはメールアドレスドメイン制限に量産が可能なgmailだけが残されている点ができる裏ワザであり、もし今後メールアドレスドメイン制限がキャリアのアドレスだけになれば使用できなくなってしまうでしょう。

しかしながらPINCOMはさらなる規制をかけてもどこかにこの裏ワザのような抜け道を残しておくと推測されます。

なぜならキャリア決済による現金化によって潤っているのはWebMoney PINCOMなのですから。

 

アマゾンギフト券買取率比較ランキング

【買取ボブ】創業11年、安心・安全な老舗買取業者

あま探が選ぶアマゾンギフト券買取サイトでもっとも高い評価となるのが業界最大の利用者数を誇る老舗買取業者の買取ボブです。

様々な比較ランキングサイトでも買取ボブは上位にランクインしており、誰もが認める人気優良店といえるでしょう。

初めてのアマゾンギフト券換金で「どこに申し込んだらよいのかわからない」という方ならまず買取ボブなら間違いありません。

【買取本舗】カンタンにお申し込みから即換金

アマゾンギフト券の買取だけに限らずiTunesカードやGooglePlayといった電子ギフトの換金もできる買取本舗。

ドコよりもカンタンな申し込みフォームでのスピード買取が人気です。

優良店にとって当たり前のことですが、銀行振込手数料無料で24時間営業はもう必須項目といえるでしょう。

 

【ギフトグレース】新規のご利用なら翌日プランで94%の高価買取が魅力的!

「アマゾンギフト券を少しでも高く換金したい!」と思うのは当然のことでしょう。

ギフトグレースは新規ご利用のお客様限定でアマゾンギフト券の換金なら94%という業界最高クラスの買取率で換金することができます。

さらに業界最速となる10分以内で買取代金が送金されるという注目の買取業者です。

-携帯電話キャリア決済の現金化
-, , , ,

Copyright© Amazonギフト券買取・換金ならあま探 , 2017 AllRights Reserved.